自然に異性と出会う機会が多く、そこから意識せずとも恋愛に至るようであれば恋活を意識する必要は無いのかもしれません。ですが現代社会においては、寧ろ其れが難しくなる状況が揃う事の方が多くなっていると言えます。特に社会人の場合は居宅と仕事場・職場での活動が生活の殆どを占めてしまう事が多く、それ故に限られた人ばかりと接触するようになりがちで、そもそも出会いが無いといった状況に陥る事も充分に考えられます。
そこで出会いの場を作る事を含めた恋愛スキルを高める事、恋愛を主体的に求める恋活が重要になって来る訳です。内容としてはまず、限られがちな出会いのチャンスをしっかりとモノにする為に、ある程度一般的・普遍的なテクニックを身に付ける事が大切になります。
その上で、自分なりのオリジナリティもしっかりと出して行かなければなりません。恋愛においては他の人間関係以上に自分のありのままをさらけ出さなければならない面があり、同時に相手のありのままとも向き合わなければなりません。それだけ難しい局面も訪れ易いのですが、試行錯誤を繰り返す事で恋愛成就する可能性も高まって行きます。例え先に繋がらなかったとしても、経験値が積み重なって行く事になります。
恋愛の経験は、特に人生が晩年に差し掛かって過去を振り返るような機会が増えた際に、人生の質の高さを下支えしてくれる貴重なものとなっている事が多いと言われます。後の人生に潤いを齎す意味でも、恋活は重要な意味を持っているのです。